雑記帳ぷらす+
ただの日記と自己満足のページ、 日々の不満や戯言を記録しておくだけの粗末な場所なのです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自由な野良猫
2005年09月07日 (水) 07:30 | 編集
以下
【ネット】エイベックス販売"のまネコグッズ"、「2ちゃんねる"モナー"のパクリだ」と批判の声、抗議や不買運動も★スレッド及び関連板
より抜粋

今は昔、弐式の町に野良猫ありけり。
愛嬌ありて世の人「もな」と呼ばひて此の猫愛でし候。

ある時、わたと言ふ女、もな猫に酒飲ませ、
奇異なる異国の音色聞かせ躍らせたり。
弐式の人々手を叩ひて興ず。

其の噂、江井部楠なるいと悪き商人の耳に入りしが、
わた女に金握らせ、もな猫捕らえ、わづかに毛並み変え「飲ま猫」と称し客寄せにす。

弐式の人々怒りて問ひしが、わた女、
「此れもな猫ならず、飲ま猫なり。我が飼ひ猫也」
「などか言ひしか。此れもな猫に相違なし。我が町にて巡り歩くべき愛しき猫なり」
騒ぎに人々集まれり
これまた客寄せなりと、店裏にて笑ひこらえる江井部楠ありなむ。

もな猫、懐かしき日々夢うつつに囚われの身にて踊り候
『わたつみの 錦の国へ参らせむ 我が事も無き 楠が寝ぞ憂き』(※訳注

今は昔の物語。

~~弐式今昔物語・巻ノ拾弐・快速伝聞集より抜粋~

※訳注)
わたつみ=海を意味する枕詞。「わた」=「わた女」つみ=「罪」と思われる
錦の国=弐式の町。もな猫の故郷であろう。
我が事も無き=自分の取るに足らない日常。「我が事も無」=我が事もな=私はもな猫です
楠=クスノキ。(商人、江井部楠を指す)
「根」と「寝」をかけている。直訳:楠の木の根元で寝るのは。
楠が根=楠がね=楠金=江井部楠の金儲け、の意ともとれる。

【歌の大意】
海の彼方にあるという錦の都へ一緒に行きましょう。
楠の木の根元で寝るような、今の私の取るに足らない日常生活は面白くないですから。

【歌の真意】
わた女は罪を犯しています。ああ、故郷の弐式の町へ帰りたい。
私は、もな猫です。江井部楠の金儲けに使われるのは、悲しく辛いです。

モナー問題提起FLASH
http://yu-net.info/swfup/viewswf.php/0635.swf
http://yu-net.info/swfup/viewswf.php/0636.swf
http://toutsukai.hp.infoseek.co.jp/noma/takumi.swf
http://yu-net.info/swfup/viewswf.php/0634.swf
http://yu-net.info/swfup/viewswf.php/0633.swf
http://yu-net.info/swfup/viewswf.php/0616.swf

のまネコ問題まとめサイト
http://www.nomaneko.net/

MONANEKO1.gif

MONANEKO2.gif

MONANEKO3.gif

MONANEKO4.gif

(´∀`) ←モナー 「あめぞう」発祥
( ゚Д゚) ←ギコ 「あやしいワールド」発祥

     |\_//
    γ。   。'ヽ
   八ゝ"-~" ノ
  (つ|,    、 `i
  |米|     .〉 .j
  |酒|~`X´ ̄`'y'

ウィーッス   ∧_∧∩
       (´∀`*// 
    ⊂二     /  
     |  )  /    
    口口/ε   ̄)
      ( <⌒<.<
      >/
         冒
        l l
        ./~ヽ    ∧_∧
       |__|    (*´Д`) 米酒だってさ、
       || 米.||    /    \      ∧ ∧
       ||  .||   | l    .∧_∧   (Д`* )  これで俺らものまねこか?
  |.\ ̄ ̄|| 酒.||  ̄ ̄ ̄  (    ).\ /    ヽ
  ||\\   ̄        /     ヽ  \  l |
  lLl .\! 二二二二二二二.l      l 二二l __ノ
      || |           |.       |  || |  .l
      || |          |      | ..|| |_丿
      || |           ヽ_○__.丿 . || |

モナーは誰も所有権(著作権など)を主張できない公共物です。
問題は、著作権が存在しないはずの登場キャラクターを
「これは(モナーとは違う)オリジナルキャラクターだ」と主張していることです。
オリジナルキャラクターであることが法的に認められてしまえば、
「のま猫」の著作権も自動的に認められてしまいます。

以下主観
別にどうでもいいことなのかも知れません。

商標的なものに限らず、
やったもん勝ちの世界だと思います。

問題になった経緯や背景もあるかもしれませんが
多くの企業がごく当たり前にしている行為です。

ただ愛される野良猫を
自社の営利目的のみで使われるのは非常に悲しい事ですが・・・
スポンサーサイト
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。