雑記帳ぷらす+
ただの日記と自己満足のページ、 日々の不満や戯言を記録しておくだけの粗末な場所なのです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新約「巨人の星」 花形
2006年08月09日 (水) 23:27 | 編集
週間少年マガジンの新連載、新約「巨人の星」花形
非常に気になったので週間マガジンという漫画雑誌を買ってきました。

新約ということで過去の巨人の星とは内容は全く異なるようです。
主人公は星 飛雄馬ではなく花形 満です。
時代は昭和30年代→平成(現代)となっているようです。

連載1回目を読み終えての感想は普通の野球漫画
これを「巨人の星」とする必要があったのかを少し疑問に感じたくらい。
今風なら親子鷹ボクシング漫画だとか新訳MMRとかいろいろあったろうにとも思う。
冒頭の主人公の台詞はすごく花形らしかったけど・・・
今後の連載で今までの花形イズムを崩すことがないことを切に願います。

これからも楽しみに拝見させていただきます。
村上よしゆき先生、どうか頑張ってくださいね。
Hanagata.jpg
故、梶原一騎氏がこの作品を見た時にどう思われるかが今後の連載より気になったのは内緒だ。
梶原一騎とは?
新約花形の今後の展開予測として
①星と花形が同年(原作では星が2つ年下)
②明子姉さんのパンチラが毎週ある
③左門豊作が男前、コンタクトで眼鏡は当然かけてはいない。イケメンでナンパ男
④花形はホームランバッターではなくアベレージヒッター
 (ノックアウト打法によりヒット量産、イチロータイプ)
⑤左門メモには女の携番かメアドしか書かれていない
⑥花形モーターズよりミツルハナガタの新モデル発表
⑦やはり花形は中学生で車を運転する
⑧星がやたらとメンチ切ったり挑発してくる
⑨星 一徹が武闘派893みたい
⑩伴の父親は大手TV局のオーナーである。花形モーターズとは不仲
⑪星は丸太を切ったり、鶏を追いかけることにより魔球のヒントを得る
⑫星は原作同様体格に恵まれていない
⑬プロ入りまで連載継続が難しい為、早い段階で星の魔球完成
⑭花形は肩の負傷を補う為、魔送球を覚える。ポジションがファーストからサードへ???
⑮星がブラックシャドーズを一時期率いている
⑯ワンポイントでピッチャー花形のイベントが絶対あるはず
⑰飛び上がって投球したりバットを砕きながらの打法はさすがに無い
⑱3段ドロップはやるかもしれない・・・
⑲星の球は以上に重いらしい
⑳目が燃え上がったり、光ったりする描写はほぼ無い。いじめられて泣く事は非常に多い
21目標はメジャーリーグ、日本プロ野球にはあまり執着していない
22花形が突然引退を表明しサッカー選手になると言い出す
23その場合はFWでサブマリンシュートを蹴ったりはしません
24試合の要所で現役プロ、またはメジャー引退選手の解説が入るかも
25最後はハッピーエンドの大団円
26新約でも星は王貞治にホームランを打たれる
27星は花形を倒す為、秘蔵の右のピッチングを甲子園の場で披露する可能性大
 (原作では星は生来右利き)
28涙橋はでてきません
29花形が誰かをかばって交通事故に合う
30花形がなぜか巨人軍入り・・・星はしかたなく阪神へ・・・
31星一徹がメジャーに在籍していたこととなっている
32夜空を指差す場面で巨人軍の正座は北斗七星らしく、なぜか星が8個もある
33みんな巨人軍へ入団
34そして、巨人打倒の超人チームと試合を行うことは絶対ありえない
35なぜか星が減量に苦しむ
36明子が花形と伴を二股にかける
37青雲高校が決勝戦まで勝ち上がってこない
38紅洋高校が(ry
39最後は夢オチ
40巨人の星が燃えから萌え漫画に変わることはない
41タイトルが野球の王子様に変更される
42小年誌とは思えない性的描写はありません
43花形がエースで4番?
44花形は敬遠球を無理やり打ち返す
45花形は明子に尻にしかれる
46花形がプロで3冠王30盗塁57本塁打の成績を残す
47高校野球以降はどんなストーリーになるのでしょうか?
48故障で引退は花形の方
49祝アニメ化
50紅洋高校が甲子園で優勝するので主人公を花形にした。優勝するなら誰でも良かった
 (今も反省はしてない)
やりすぎた・・・
スポンサーサイト
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。