雑記帳ぷらす+
ただの日記と自己満足のページ、 日々の不満や戯言を記録しておくだけの粗末な場所なのです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとつのデッキを使い続けることの大切さ
2005年11月14日 (月) 23:59 | 編集
14日にSR貂蝉、SR孫権、R周泰、U程普、C虞翻の
勝率9割近い傾国デッキに負けた10級~5品までの人はもう少し自分のデッキを見直して下さい。
キョチョイクカクカ、神速、SR孫策、孫堅、奮起劉備&白銀馬超、西涼馬超
で負けた人はカードの能力に頼りすぎです。
相手は最高武力7の2色デッキですよ。
ちなみにデッキを操作していたのは覇王ではありません。
中品の人です。

強さに違いが出たのはそのデッキをずっと使い続けていたからだそうです。
その人のカードはボロボロになっていて、いかに使い込んだかが想像できました。
ひとつのデッキを使い続けることで自力も付くようになるのでしょうね。
栄斗氏の強さもそこにあるのかも知れません。
ひとつの決めたデッキをずっとやり続けるのも悪くないものだと感じました。
スポンサーサイト
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。